CAM350でガーバーのドリルレイヤをExcellon形式に変換する方法

この記事は、ドリルレイヤをExcellon形式で正しく出力できないPCBソフトウェアでのみ使用されています。
ガーバー形式のドリルレイヤしか取得できない場合は、この方法でExcellon形式に変換してみてください。
それでは、ガイドラインを示します。

1.CAM350を開き、「 File」-「Import」-「AutoImport」を順番にクリックします。


2. ガーバーファイルを見つけて、「Finish」ボタンをクリックします。
これらのガーバーはPCBEによって生成されます。


3.「Tool」- 「NC Editor」を順番にクリックします。


4.「Gerber to Drill」をクリックします。


5.「hole.grb」はガーバー形式のドリルレイヤですから、「Source layer」で 「hole.grb 」を選択して、「OK」をクリックします。


6. そうすろと、新しいドリルレイヤ「Layer_9」が出てきます。



7.次に、「 File」-「Export」-「Drill Data」を順番にクリックします。


8.ドリルレイヤを出力として選択して、 ファイル名をhole.drlに変更します。


9. そうすると、Excellon形式のドリルレイヤが完成です。

  


技術ガイド(Fusion向け)

  1. ガーバーデータとは
  2. シルクについて
  3. ガーバーファイルを出力する方法
  4. Fritzingからガーバーファイルを出力する方法
  5. PCBEからガーバーファイルを出力する方法
  6. KiCADからガーバーファイルを出力する方法
  7. Eagle9.2からガーバーファイルを出力する方法
  8. Altium Designer からガーバーファイルを出力する方法
  9. Quadceptからガーバーファイルを出力する方法
  10. DesignSparkからガーバーファイルを出力する方法
  11. K2CADからガーバーファイルを出力する方法
  12. 面付けルールとVーCUT
  13. ブラインドビア/ ベリードビアとは
  14. 端面スルーホールについて
  15. ソルダレジストダムについて
  16. 表面処理について
  17. 銅箔厚について
  18. インピーダンス制御について
  19. 基板の材質について
  20. CAM350でガーバーのドリルレイヤをExcellon形式に変換する方法
  21. 基板の寸法について
  22. 銅箔厚と最小パターン幅/パターン間隔の関係
  23. BGAの推奨サイズ
  24. Proteusからガーバーファイルを出力する方法
  25. 板厚について
  26. 基板の枚数について
  27. 内層銅箔厚について
  28. 誘電体分離厚について
  29. 基板サイズ範囲
  30. CAM/DRCデザインファイルダウンロード
  31. 旧バージョンのKiCADからガーバーファイルを出力する方法
  32. Vカットの深さはどのぐらいをすればいいですか?
  33. 基板に穴をあける必要がない場合、どうすればよいですか?

Feedback and Knowledge Base