DesignSparkからガーバーファイルを出力する方法

1.まずは、「Output」、「 Manufacturing Plots」を順番にクッリクして、設計ファイルを開きます。


2.「 Auto-Gen Plots」をクッリクして、Design sparkはプロットを自動的に追加します。


3.「Gerber」をクッリクしてください。


4. 図のように、選択肢を確認して、「OK」と「Options」を順番にクッリクしてください。


5.そうすると、「Options」の画面になります。「Gerber」をクッリクして、次の「Gerber Setup」画面になって、「RS-274X」の配置を選択してください。




6.それで、「Options」の画面に戻って、「NC Drill」をクッリクして、「Setup NC Drill」の画面になって、「OK」をクッリクしてください。



7.すべてのプロットをチェックします。実際には全部をチェックする必要ではありませんが、問題を単純化するために、すべてをチェックします。



8.ある時、輪郭レイヤーがない場合もありますので、手動で追加する必要があります。
「Add plot」、「Gerber」を順番にクッリクしてください。




9.Outputの画面で、新しいプロットを「Outline」の名前付けます。Layersの画面で、[Board Outline]を「 Y」に設定してください。



10.すべて終わったら、「Run」をクッリクしてください。



11.それらをzip / rarにまとめてします。そうすると、 このファイルを使って発注できます。


技術ガイド(Fusion向け)

  1. ガーバーデータとは
  2. シルクについて
  3. ガーバーファイルを出力する方法
  4. Fritzingからガーバーファイルを出力する方法
  5. PCBEからガーバーファイルを出力する方法
  6. KiCADからガーバーファイルを出力する方法
  7. Eagle9.2からガーバーファイルを出力する方法
  8. Altium Designer からガーバーファイルを出力する方法
  9. Quadceptからガーバーファイルを出力する方法
  10. DesignSparkからガーバーファイルを出力する方法
  11. K2CADからガーバーファイルを出力する方法
  12. 面付けルールとVーCUT
  13. ブラインドビア/ ベリードビアとは
  14. 端面スルーホールについて
  15. ソルダレジストダムについて
  16. 表面処理について
  17. 銅箔厚について
  18. インピーダンス制御について
  19. 基板の材質について
  20. CAM350でガーバーのドリルレイヤをExcellon形式に変換する方法
  21. 基板の寸法について
  22. 銅箔厚と最小パターン幅/パターン間隔の関係
  23. BGAの推奨サイズ
  24. Proteusからガーバーファイルを出力する方法
  25. 板厚について
  26. 基板の枚数について
  27. 内層銅箔厚について
  28. 誘電体分離厚について
  29. 基板サイズ範囲
  30. CAM/DRCデザインファイルダウンロード
  31. 旧バージョンのKiCADからガーバーファイルを出力する方法
  32. Vカットの深さはどのぐらいをすればいいですか?
  33. 基板に穴をあける必要がない場合、どうすればよいですか?

Feedback and Knowledge Base